素人にこそビジネスチャンスがある「素人革命」

森公平です。

先日、「素人革命」の話をしました。

世界で大ヒット中のアプリ「musical.ly」では、普通の小学生に200万人以上のフォロワーがいます。

スマホで気軽に撮ったコンテンツを、瞬時に世界の200万人に届けられるのです。

かつてはそんなことは絶対にあり得ませんでした。

テレビタレントになって人気者になるしか方法はありませんでした。

でもテレビタレントになろうと思えば、事務所に所属して、業界のルールに従わなければいけません。

当然、テレビタレントとしての成功は簡単ではありません。

テレビ番組の数は決まっていますし、そこに出演するタレントも人数が決まっています。

広告代理店との兼ね合いや、他事務所との関係など、色々と“大人の事情”があるのが現実です。

しかし、インターネット(もっと言えばスマホ)がその構造を破壊しました。

素人でも、どこに住んでいても、世界中にむけてメッセージを届けられるのです。

これからもっと色んなユニークな人が出てくるはずです。

ニッチで、マニアックで、9割の人には理解できなくても、ごく一部の熱狂的なファンが生まれるのです。

ブランディングという言葉もありますが、かつては会社が勝手にやってくれました。

会社としてブランディングして、そこの一員であることがステータスでした。

でも、今はそんな時代ではありません。

「自分」というブランドを確立できるのです。

いえ、むしろ、しなければいけません。

なぜなら、大企業と言われている会社でも、明日が確約されているわけではありません。

会社に依存していれば人生安泰だった時代は終わりました。

もっとニッチに、世の中のニーズは細分化されていて、そのニーズは個人の方が埋めれるのです。

つまり個人が自分を世の中にアピールしていく時代です。

情報に価値がある時代でもないので、ノウハウだけ、ハウツーだけを売っている人はこれから徐々に消えていきます。

もう十分に満ち足りているからです。

10年前はPDF10枚が3万円で売られていました。

でも今は動画100本でも無料で提供する時代です。

情報に価値はない、、、

だから、あなたらしく、あなただからできる、独創的でユニークで、それでいて価値が高い、そんな個人が生き残っていく時代です。

あなた個人の強みは何ですか?

ぜひあなたには個人の価値を高めていく努力を続けてほしいと思います。

難しい本ばかり読むのではなく、お笑い、音楽、演劇、映画といった、エンタメにも触れることをおすすめします。(僕は最近はビジネス書の類をあまり読まくなりました)

これらもある意味、情報ビジネスです。

これからあらゆるものが情報化していきます。

「情報を売る」

という行為が当たり前になります。

でも、情報を売るのが当たり前の時代なのに、
情報の価値はどんどんとなくなっているのです。

ここが急所中の急所でもあるのですが、結論だけ言うと、「好き嫌い」という感情です。

感情で、買う、買わない、が決まります。

商品、サービスの機能は二の次(というより良くて当たり前)で、その人または会社の価値観(哲学、理念、ストーリーなど)が好きかどうか、によって決まるのです。

「情報の価値がハウツーから価値観に移り変わる」

とも言えます。

つまり、

「個人の情報発信の本質は価値観のすり合わせ」

なのです。

この時、情報ビジネスに携わる人にとってチャンスです。

世の中の人は情報ビジネスの原理原則を知らないからです。

アップセル、バックエンドの概念も知らない人が多いです。

全国に支店があり、400人以上のスタッフがいる、社長と先日話をしていましたが、そんな大社長でも、です。

あなた独自の強みを発掘してほしいと思います。

「自分の強みはこれです!」

というものがあれば、

こちらのメッセージに直接返信下さい。

すべてに返信ができないかもしれませんが、必ず僕が目を通しています。

いつも本当にありがとうございます。