コンテンツビジネス成功の秘訣は綿菓子にあった件

こんにちは、森です。

先日からお伝えしていた、
ハウスリストへの初めての
プロモーションをしていたTさんですが、

20万円のスクールに
4名が参加されたということで、
売上で80万円という結果に。

いやー、もうひと伸びいきたかったですが、
でも少ないリストで最初の成果としては
良かったと思います。

先日のさとこさん、そしてYさんと、
平均したら皆さん100万円くらいの売上を
作っていることになりますが、

3連続でやってみて、
やっぱり間違ってないな
という実感があります。

やっぱり、100万円って
最初の壁だと思うんですよ。

よくセミナーとかでも、
いくら目指しますか?と聞いたら、

ほぼ間違いなく
100万円って返ってきますからね。

でも大事なのはこの
100万円の金額じゃないんですよ。

これを実績にして、
そしてコンテンツのネタにして、
どう大きくしていけるか?

がポイントで。

というのも、僕たちのような
コンテンツビジネス、教育ビジネスは、
何を言っても実績が大事で、

それをすることでどんな成果を得てるのか?
どんな成果を出させているのか?が重要なわけです。

この実績をもとに、
さらに次の実績を呼び込み、
さらのその実績をもとに、、、

とグルグル大きくしていくわけです。

これを「わたがし理論」と呼んだりしてますが、
最初は何もないのにグルグルしながら
徐々に大きくなっていくあれです。

金額とか成果とか、
正直言ってしまえばなんだって良くて、

1万円でも、その実績をもとに
10万円にすることができます。

その10万円を30万円にして、
30万円を100万円にして、
100万円を1000万円にして、、、

というようにグルグル
膨らませていくわけですよ。

今うまくいってる人たちも、
いきなりドーンと突き抜けたわけではなく、
(まぁ、一部例外もいますが)

コツコツと、グルグルと、
わたがしのように大きくなっていったのです。

なので、Tさんは今回の事例をもとに、
これからさらに情報発信に力を入れて、

すけさん・かくさん理論をもとに
みんなを巻き込んでいきつつ、
(なんとか理論が多めなのはご容赦下さい笑)

実績が実績を呼ぶ仕組みを作って、
次はその100万円を1000万円まで
大きくしていってほしいと思います。

上に一部例外と書きましたが、
周りから担ぎ上げられてドーンといく人もいます。

特にいまは前に出てばりばりやる人よりも
後ろにまわってプロデュースして
ゴリゴリやるっていう人も多くて、

素晴らしい人もいるのですが、
売り逃げマインドの人も実際にいて、

そうゆう人に担ぎ上げられると
後々になって引くに引けなくなり、

一瞬だけドーンといくものの
しばらくしたらいなくなる、、、

みたいなことも業界あるあるです。

それってちょっと違うよね、
というのが僕の価値観で、

やっぱり一瞬の大成功よりも
右肩上がりの安定的な成功の方が
長い人生で考えた時に絶対に良いと思うのです。

今の時代を生きる人たちは
100歳まで生きるのですから、

一生、ネットに悪口を書かれるのとか
イヤですからね、、

今回のハウスリストへのプロモーションの流れを
レポートにして無料でばら撒けば、
きっとたくさんの人が手にしてくれると思います。

さらにそれを電子書籍にして
販売してもいいですし、

youtubeで動画講座にしてもいいわけです。

1つの実績を横に水平展開していきつつ、
さらに集客の入口を作っていって、

参加者の方を引き上げて、実績を作って、
単価をあげていく。つまり深掘りしていくってこと。

この横に広げていく動きと、
縦に深掘りしていく動き。

この2つを淡々と取り組んでいくことが、
コンテンツビジネスの極みだなとおもう次第です。

明日のメールではこのあたりの
話も書いてみようかと思います。

ではでは今日のところは以上です。

またメールします!