ファンキー加藤式炎上マーケティング

森です。

今年に入ってから芸能界では
不倫に関するニュースが盛んに行われています。

前回、ベッキーさんの不倫問題についても
このメルマガで書きましたが、あの時が1月でした。

ゲスなベッキーショックはヤラせだった?
http://morikohei.com/bekky-shock

このベッキーさんの報道に始まり、
国会議員の宮崎さん、そして乙武さん。

そしてそして今回のファンキー加藤さんの件。

とにかく今は色んな芸能人が戦々恐々としているわけですが、
(というよりそもそもやましいことはしない方がいいのですが)

今回のファンキー加藤さんの件も
しばらく尾を引きそうな気配です。

何せお相手の方は芸人・アンタッチャブルの
柴田さんの元妻というのも大きいです。

何でも飲み会で知り合い、
当時は柴田さんの元妻と知らず不倫関係に発展。

ファンキー加藤さんも既婚者ですから
ダブル不倫というわけです。

その後で柴田さんと元妻は離婚し、
ファンキー加藤さんとの間には子供もできました。

その子供が今月誕生する予定とのことです。

しかし、何でもこの一件は、
昨年の秋頃には発覚していたそうです。

半年以上も前に両者の間で
話し合いが行われていました。

結論としてはファンキー加藤さんは
今の奥さんとは離婚をせず、生まれてくる子供も認知。

今の奥さんもとても理解のある方だと思います。
(何でも元マネージャーさんとのこと)

こうして報道が明るみになった時には
もう話し合いが行われて決着済ということで、
ゲス不倫問題のように長引くことはなさそうです。

しかし、です。

前回のこちらの記事


ゲスなベッキーショックはヤラせだった?
http://morikohei.com/bekky-shock

こちらにも書きましたが、
今回もナイスタイミングでいろいろと
プロモーション活動が行われているようです。

何でも6月8日に新曲が発売されて、
6月11日には主演となる映画も公開。

新曲に関してはタイトルが「ブラザー」ということで、
何やらタイトルからして意味深な匂いがプンプンしますが、
何でしょうか、芸能界ではこのような炎上マーケティングが
流行っているのかもしれません。

ゲス不倫騒動の時もちょうどアルバムが発売される時で、
「両成敗」というベストなネーミングにヤラれた感がありました。

結果、このアルバムは1位になりましたからね。

しかもほぼ広告費をかけず、
完全に口コミ(というより炎上)マーケティングで、です。

今回の「ブラザー」もかなりファンキーな気がしますが、
果たしてどこまで売れるのかリサーチしたいと思います。

しかし、アーティストの場合、
イメージというよりも音楽そのものに価値があるので、
こうした騒動もそこまでダメージではないかもしれません。

加藤さんはファンモン時代も含めて、
真っ直ぐな青春系ソングが多かったですが、
これを機に一気にイメチェンすれば
また違ったファン層にリーチできるかもしれません。

タレントさんの場合はイメージが悪くなると
どうしてもCMや番組で使われづらくなりますが、
この辺りはアーティストの強いところですね。

僕たちの世界にもあえて炎上するような、
叩くようなことを言って注意をひこうとする人がいます。

ブログで批評したり、Facebookに悪評を書き込んだり。

確かに一時的には話題を集められるかもしれませんが、
それってどうなの?って僕は思います。

それで集まる人もおそらく同じような人たちだし、
短期的には良くても長い目で見たら微妙だなと。

なので、やっぱり、発信者も、受け取る人も、
お互いが良い気持ちでいれる情報発信が良いと思います。

ということで、今日はこの1曲を聞きながら
仕事をスタートしたいと思います。

FUNKY MONKEY BABYS 「あとひとつ」
https://www.youtube.com/watch?v=ir5cF-EvBig

ではまた!