社長の時間の使い方とマーケティングビジネス

社長の仕事はマーケティングーー。

先日話していたクライアントが気になる事を言っていました。

「◯◯という商品がお客様に喜んでもらえたら・・」

と。

喜んでもらえたらうちの会社はもっと繁盛する、
というのがその後に続く言葉だと思いますが、
実はこの考え方には大きな落とし穴があります。

社長として、何よりも優先してやらなければいけない事は、
商品のメリットを話す事ではありません。

マーケティングです。

マーケティング・ビジネスをしなければいけません。

この認識があるかないか?で、
なかなか売上がアップしない人と、
簡単に売上をアップする人が分かれてきます。

例えば、あなたが扱う商品が美容室でもマッサージ屋さんでも車屋さんでも、
何屋さんであったとしても「自分は◯◯屋」と思うのではなく、
自分は「マーケティング屋として、◯◯という商品を扱っている」
という認識を持つ事が大事です。

もちろんその上で、
素晴らしい商品を作る、素晴らしいサービスを提供する、
素晴らしい技術を磨く、素晴らしい空間を作る、
という事は大事です。

しかし、これは優先度の問題です。

あなたは何に最も優先して時間を割いていますか?

上に書いたような「戦術」に時間を使っていますか?
それとも仕組みそのもの(つまりマーケティングであり、「戦略」)に時間を使っていますか?

どこから費用対効果的に集客をして、
何人のお客さんに商品を購入してもらい、
継続して何人のお客さんのリピーターになってもらいますか?
アップセル、クロスセル、バックエンドの商品は?

という仕組み、設計図を考えていますか?

セールスレターを改善する、
ランディングページを改善する、
チラシ、ダイレクトメールを改善する、

これらも必要な要素です。

これらの事に時間を時間を使い、脳みそに汗をかいて考える事、
それがマーケティングビジネスの根幹にあるものです。

あなたの仕事はマーケティング。

会社に見込み客を集め続け、
利益が少しでも高くなるように商品を買ってもらい、
継続的に買ってくれるリピーターになってもらえるように
良質なコミュニケーションを築く事。

これが私たちに必要な「仕事」です。

ぜひ一度、日々の時間の使い方を見直してみて下さいね。

いつもありがとうございます。