陰陽の法則

森です、

ここ数ヶ月、
プリズン・ブレイクにハマっていました。

10年以上前の海外ドラマですが、
見るのが面倒で向かい合ってきませんでした。

でも、後悔しました。

もっと早く見ておけばよかったと
心底後悔しました。

あの時に見ていれば、
もっとみんなと話題を共有できたのに!と、、

あの次の回を見たいと思わせる
構成や引っ張り方はほんとすごいです。

プロモーションでも1本目の動画から
2本目の動画になるだけでも
クリック率は一気に下がります。

2本目から3本目なんてもっとです。

でもプリズン・ブレイクは違います。

次から次に見たい気持ちに駆られます。

気づいたら何本も見てしまって
シーズン1から4まで一気に見てしまいました。

スマホでも見れるので
移動中のスキマ時間でも
見れるのが良いところです。

ネットフリックス、最強です。

最近、シーズン5も公開されて、
こちらはAmazonで見れますが、
さらにスケールが大きくなりました。

もし見てないという方は、
ぜひ見てみてください。

そこから「次を見させる展開の方法」を学べます。

これはプロモーションの動画の構成や、
ステップメールの書き方にも応用できます。

ぜひおすすめです。

さて、前置きはこれくらいにして、
今日の本題へ。

昨日のメールを配信してから
こんな返信が届きました。


森さんいつもメルマガありがとうございます。

森さんでも大前提が弱い部分があるんですね。
まさかの意外でした。

森さんはビジネスでもプライベートでも
豊かに過ごしてるイメージがありました。

勿論そうだと思ってます。

ただ、今日のメルマガの内容がとても響きました。
大前提を信じることが大切なんだけど、
どうしても貫けない自分もいるのです。

たとえば、私は幸せだ。
私は不幸でも良い。

私はもてる。
私は持てなくても良い。

私は豊だ。
私は貧相でも良い。

陰と陽を全て受け入れることが出来たとき、
本気で思ってる自分の大前提

すなわち、
[ネガティブになると信じてしまってる]

この大前提があるのかもと気づけた感じがします。

心の底から信じてるこの大前提を
[ネガティブもあるけど、ポジティブになると信じてる] に変えようとおもいます。

森さん、ありがとうございました。

====ここまで

ありがとうございます、

勝手に転載しましたが、苦笑
今日はこちらを取り上げてみました。

そうですね、僕はバランスが大事だと思っていて、
右か左か?ではなく、光か闇か?でもなく、
黒か白か?でもありません。

己の視点

でプラスマイナスゼロの
最もバランスが整った場所に
いたいだけなんですね。

というより、それが自分の中で「正解」であって、
だからそうしてるのですが、

昨日、解釈力の話をしました。

人生これがすべてだとも思っていて、
曲がった解釈をしてしまう人は
世の中すべてが曲がって見えるのです。

悪いことばかり起こるな、、、

と思ってる人は、その曲がった解釈が、
目の前の現実をそうさせているのです。

もらったメールに光か闇か?
という内容がありました。

これを「陰陽の法則」とも言って、
光あるところに闇もあるという話で、

たとえば強い光があたって陽が伸びているところは、
同時にそれと同じだけの影も伸びています。

逆に、光が弱くてあまり陽が伸びてないところは
影も同じだけ小さいのです。

この陰陽の法則は人生にも投影されて、
光が強くあたって輝かしい人生を歩んでいた人は
影にあたるとその分のダメージも大きくなります。

最近だったら清原さんとか、
少し前のベッキーさんとか。

成宮寛貴さんとか
小出恵介さんとかもそうですね。

芸能界という光り輝く世界で活躍する一方、
ダークサイドに陥った時には
影の奥底まで落ちていってしまうのです。

だからこの世の中にも良いも悪いもなくて、
ただ1つの現実があるだけ。

僕はすべてをそう解釈しています。

いい人生も、悪い人生も、ないのです。

幸せも、不幸せも、ないのです。

ただ、目の前に、1つの現実が、あるだけ。

ただ、それだけ。

淡々とそう思ってるだけですが、
その中で1つ、
忘れちゃいけないと思ってることもあって、

それは、影があるから、光ることができるってこと。

光は、それ単体では、何も見えないんです。

光は、影があるから、光って見えます。

影がなく、光だけだと、
まぶしくて見えません。

でも影があるから、見える。

これは世の中の真理で、

たとえば上に書いた芸能界もそう。

清原選手を打ち取ってやろうと、
何人ものピッチャーが勝負しました。

でもそれをことごとく打ち勝ってきました。

つまり、清原選手が光で、
打たれた投手は影です。

多くの投手が引退を余儀なくされました。

ベッキーさんもそう。

自分がいま活躍して光があたっているということは、
誰か別の人の席を奪っているとも言えます。

その人は影なのです。

FXなどの投資でもそう。
パチンコもそう。

誰かが負けた分、
誰かが買っているゼロサムゲームなのです。

影あるから光ることができているので、
その影に感謝しなければいけない。

だから、「おかげさま」という言葉があるんですよね。

おかげさまという言葉の意味は、
影に感謝するってことなのです。

影があるから光れている。

どれだけうまくいってても、
この気持ちは忘れちゃダメだと思います。

プリズン・ブレイクから陰陽の法則まで、
今日は話の高低差があり過ぎて
耳がキーンとなってるかもしれませんが、笑

そんな引き出しも持っております。

要望があればもっと深掘りして、
ふかーい世界へといざないます。

よし、今日は20分以内に書けた!笑

1メルマガ20分。

このルールを自分に課して、
明日もまた書こうと思います。

ではでは今日はこの辺で。

また!