最近の成功事例と、これから伸びるビジネス

グロッジの森です、

最近の活動はTwitterがメインでして、140文字の世界を楽しんでいます。年があけて、2021年。昨年から続くコロナはまだまだ終息する気配がありません。

海外にも行けないので僕は昨年秋に沖縄に移住しました。と言っても沖縄も冬は寒い…本当の沖縄を堪能できるのはもう少し先の話だと思いますがなにせ曇り&雨の毎日です。もう少し暖かくなったら、離島をすべて制覇するのが今年の目標です。(笑)

さて、そんな毎日ですが僕の仕事はマーケティング。日々、伸びてる市場を調べたり、新しい集客の入り口を探したり、テスト、テスト、テストの日々です。

展示会マーケティング、面白いです。

そうですね、最近だとちょうど先週ですが東京ビッグサイトで開催された資産運用エクスポに出展してました。当初は2万人が来場する見込みでしたがこの時期ということもあり約8,000人ほどの来場でした。

これは弊社がマーケティング支援をしている不動産事業ですが、どーんと大きなブースを作って

「まだ不動産投資はやるな!」

なんて訴求してたものですからまわりの会社からの視線をジロジロと感じていました。笑

20メートルくらいのどでかいブースなんて生まれてはじめて作りましたが、でもこうした展示会マーケティングもかなりコツを掴みました。

インターネットで集客する人は吟味して、比較検討する傾向があり、なので、すぐにセールスするよりも階段を1つずつ上がってきてもらって、交流しながら販売するのが一般的です。

が、こうした展示会は「今すぐ買いたい」という人が多いです。まわりは物件販売の会社や、太陽光、ランドリー販売をしてる会社がほとんど。安くても数百万、高いもので5,000万とかの物件が普通に売れていくので、次はこっちだなと思ったり。

数千万の物件も売れます。

ちなみに不動産販売も僕たちもテスト的に始めて、昨年は物件見学ツアーを開催しました。これも反響が大きくて、大型バスをチャーターして視察していましたが、2~3,000万超えの物件に普通に注文入るので、不動産、面白いなと思ってます。

これから雑誌、WEBメディア、本の出版など展開していくので、どこかでまた紹介できればとおもいます。で、他にもネットを使わない集客もテストしてます。具体的にはFAXですね。FAXなんて超アナログな方法でもコツコツ集客できています。これも単価100万超えのサービスでも反応いいです。

こちらは塗装会社の経営講座なのですが、法人向けというのもありますが経営者の皆さんもこのご時世、何か新しいことをやらないと、と考えてる方が多いです。FAXの場合、レンタルするか購入するかのどちらかです。

最初は購入して、そのリストを持ち込みで配信していくとコスパいいですね。

そしてそして、やっぱり集客の基本はインターネット広告。今、僕の会社では10の事業をしていますが、どれも軒並み、集客コストがめちゃくちゃ下がっています。考えてみたら分かりますが、自粛期間でみんなヒマです。

ヒマだからスマホを見ます。SNS、YouTubeなど、ずーっと見てます。そこにメッセージを投げたら…当然、反応します。さらに、この時期なので、世の中の企業の多くは採用や広告宣伝の予算を下げています。よって、コストダウンに繋がっているというのが僕の見立てです。

ここ数年、好景気に湧いていました。株価は上がり続けて、市場にはじゃぶじゃぶとお金が集まっていました。

しかし…目に見えない敵に世界は深刻なダメージを受け、多くの企業が危機にあります。第三次世界大戦とは国と国の戦いではなく、人類vsウイルスの全面戦争だったわけですが、この戦いはまだまだ続きます。

では、いまからの時代、何をやってもダメなのか?いいえ、そうではありません。おもえば13年前、リーマンショックがありました。

あれから数年かけて僕たちのようなコンテンツビジネス、もっと分かりやすく言えば教育ビジネス、スクールビジネスが伸びました。こうした手に職をつけるような、スキルアップ系のビジネスは、不景気になればなるほど伸びます。

逆にバブルになればなるほど人は見向きをしなくなります。手に職をつけるより「投資して億り人になるぜ!」と思うのです。つまり、いまから数年は、手に職系、スキルアップ系のビジネスが伸びます。

僕はこれからの時代のキーとなるのは、

全業種、教育ビジネス化
===========

全業種、教育ビジネス化

だと考えています。たとえば、今は対企業向けのサービスを販売しているとします。ではそれをフランチャイズ化して対個人に広げることはできないか?

美容室を経営していたらフランチャイズ化して経営のやり方を教えるとか。塗装会社も厳しいです。でも未来の職人さんに向けて、塗装の技術や集客のやり方などを教える講座はできないか?とか。

写真屋さんであれば、写真のスクールができます。ネイルサロンも、セルフネイルスクールができます。デザイン会社はデザインスクール、動画制作会社は動画編集スクールもできます。

デザインや動画編集はうちもスクールをしてますが、毎月生徒さんが増えています。むしろめちゃくちゃ集客コストが安いです。こうした先生ビジネスはコストがかからないです。原価は知識とスキル、経験です。それをオンライン化して、世界に向けて展開するわけです。

この終わりなき見えない敵との戦いはこの先まだ数年続きます。

今年は驚くほどのニュースがいっぱい出てくると思います。電通やエイベックスが本社ビルを売却か、なんてニュースもありました。早期退職を募ってる企業も多いです。

難しいとか、自分にもできるかなとか、時間が…とか、そうゆうレベルの話ではなく、何かやらないと死ぬ、くらいの気持ちで行動しないと、いよいよ危ないなと思います。

オンライン時代はチャンス大

でも、安心してください。

僕たちは世の中の人たちより何倍もWEBの世界と近いです。オンライン社会がきた方が僕たちにとっては好都合とも言えます。誤解を恐れずに言えば、10年に1回のチャンス到来の確変状態が今です。今やらずにいつやるのか?

と林先生の声が聞こえてきそうですが、チャンスの女神には前髪しかないので、毛がむしれるくらいつかみ取りましょう。

僕も今年の前半あたり、どこかでこの講座ビジネスを教えるコミュニティを作りたいと思ってます。ちょうど来月から3名のスタッフが入社しますが、

彼らが独り立ちして自分で事業を回せるようになったら、僕の会社でやっている成功事例だけをまとめて伝えたいと考えています。

オンラインサロンみたいにするか、講座にするかはまだ未定ですが、10のスクール事業を毎月、利益化している裏側を包み隠さずシェアしたいと思っています。

メルマガでも配信していきますが冒頭でも書いた通り最近はTwitterの世界にいること多めです。

Twitterは情報収集としても優れたツールなので、もしやってたらフォローください。
→ https://twitter.com/morikohey

では、またメールしますね。

ーオンライン講座に毎月5,000人の集客に成功しているWEBマーケティングを学ぶー


メールアドレス必須
>森公平 公式メルマガ

森公平 公式メルマガ

オンライン講座に毎月5,000人の集客に成功しているWEBマーケティングを学ぶ

CTR IMG