数々の世界的大ヒット曲をたった一人で制作している謎の男

テイラー・スウィフト
ジャスティン・ビーバー
バックストリート・ボーイズ
ボン・ジョヴィ
セリーヌ・ディオン
ブリトニー・スピアーズ
クリスティーナ・アギレラ
マルーン5

これらのアーティストの名前をおそらく一度は聞いたことがあると思います。

まさに世界的大ヒットを連発している、超有名アーティスト達ですね。

でも、実は彼らの大ヒット曲を、たった一人の作曲家が作っていた・・ということはあまり知られていません。

何でも、これまでにビルボードでナンバー1に輝いているミュージシャンで最も回数が多いのが

1位:ポール・マッカートニー
2位:ジョン・レノン

なんだとか。

で、その次に来るのが・・

3位:マックス・マーティン

です。

マックス・マーティンって誰?

彼がその作曲家であり、世界的大ヒット曲を作曲しているプロデューサーでもあります。

これまでにビルボードで1位を獲得した回数は19回!

※ビルボードとはアメリカで最も権威ある音楽チャートのことです。

上にあげたアーティストの曲を聞けば、日本でも街の至るところで流れていますし、海外でもよく聞こえてきます。

一度作曲を依頼したアーティストはその後も何度も繰り返して依頼して、そのすべてに答えて大ヒット曲を作り続け・・何とこれまでに彼が得た版権料は驚愕の300億円以上!

でも一体なぜ、こんなにもヒット曲が作れるのでしょうか?大ヒット曲を作る方法みたいなものがあるのか?それとも天才的な閃きによる圧倒的な才能のおかげなのか?

色々と調べてみると、ヒット曲を生み出す仕組みがスウェーデンにあることが分かりました。

ヒット曲を生み出すスウェーデンの秘密

実はスウェーデンは音楽輸出大国と言われており、アメリカ、イギリスに次いで世界第三位なのです。

このマックス・マーティン以外にもたくさんの作曲家、プロデューサーがいて、

リアーナ
コールドプレイ
レディー・ガガ
Ne-Yo
ニッキー・ミナージュ

などのそうそうたるアーティストがスウェーデンから楽曲を購入しているのです。

ちなみにスウェーデンの人口は約900万人。

それにも関わらず世界第三位の版権料を稼ぎ出しています。スウェーデンには一体何があるのか?それが「トラックアンドフック」という構造です。

トラックアンドフックとは一人で一曲すべてを作るのではなく、制作をパート分けして自由に組み合わせて作る方法のことです。

一般的な作曲の場合、メロディを作り、歌詞をのせて、構成やアレンジを加えて完成します。日本でもこのやり方が一般的です。

しかしトラックアンドフックで作る場合、これらの作業を完璧に分担するのです。

コード進行とリズムを作るトラックメイカー、キャッチーなメロディを作るフックライター、トラックとフックを組み合わせる編曲家など、これらの工程を複数の人数で分担して、それぞれの強みを活かして1つの曲を作っているのです。

いやー、驚きです。しかも現在のビルボードランキングのトップ100を見てみると、約50%の曲が計4人以上のチームで共同作曲しているんだそうです。

1つの曲を作るのに、それぞれの専門家がチームとなり、力を寄せ集めて完成させているのです。

ビルボード誌も、「一人で楽曲制作するなんて時代錯誤だ」という言葉を公式に発表しています。

たった一人で作曲をしている曲は、ビルボードランキング100位の中でもたったの2曲しかないそうです。

一人で出来ることは限られている

僕たちも同じで、一人でやることには限界があります。

早く結果を出そうと思えば一人より二人、二人より三人。絶対にチームで進めた方が良いです。

例えば、プロモーションをする時でもそうで、デザイナーがいて、コピーライターがいて、全体を見るディレクターがいて、コンテンツホルダーがいて、

あとは広告代理店が入ることもあれば、セールス専門の部隊が入ることもあります。それぞれが自分自身の強みを発揮して、1つのプロジェクトを成功へと導くのです。

だから、あらためて、

・自分は何ができるのか?
・自分の強みは何なのか?

これを再認識しなければいけません。

その上で、

・自分には何が足りてないのか?
・どんな人に協力してもらうべきか?
・どんなチームを編成するのか?

ということを考えなければいけません。

一番ダメなのが、

・すべてを自分一人でやろうとすること

です。

時間も労力もかかって、ほぼほぼ思うような結果は出ません。

一人だと足し算で増えていくものが、チームになると一気に掛け算で増えていきます。

スピードも労力もまったく変わって、一気にパラダイムシフトができるのです。

今一度、あなたも考えてみて下さい

・自分は何ができるのか?
・自分の強みは何なのか?

その上で、

・自分には何が足りてないのか?
・どんな人に協力してもらうべきか?
・どんなチームを編成するのか?

こちらをあらためて考えて、実践していきましょう。

ーオンライン講座に毎月5,000人の集客に成功しているWEBマーケティングを学ぶー


メールアドレス必須
>森公平 公式メルマガ

森公平 公式メルマガ

オンライン講座に毎月5,000人の集客に成功しているWEBマーケティングを学ぶ

CTR IMG