ウミガメと浦島太郎の不思議な関係

「専門家を成功に導く専門家」として年間1,000回以上のセミナーをプロデュースしてる森です、

ちょうどこないだ、宮古島に行ってきました。

沖縄からだと飛行機で1時間もかからないで到着します。

これまでは年間10カ国を旅するというノルマを自分に課してましたが、コロナで海外に行けなくなったので、今夏は沖縄の離島を制覇するのが目標です。

はじめての離島、はじめての宮古島ということで、今日は宮古島コラムをお届けします。

絶滅の危機が迫るウミガメ

いきなりですが、ウミガメって見たことありますか?

ウミガメは世界に7種存在していて、そのすべてが絶滅の危機にあると言われています。

前にハワイのビーチでウミガメを見たときは、すぐに保護団体の人たちが来て触れないようになってました。

ハワイのウミガメ↓↓

 

今回は宮古島に行きましたが、沖縄には天然のウミガメがふつうに泳いでいます。

ウミガメ体験ツアーとかもありますが、僕たちはふつうに海でシュノーケルをしてました。

もうね、宮古島の海もめちゃくちゃ美しい。

GOPRO様がここぞとばかりに大活躍しております。

興奮してる私。めったに自撮りなどしないですが、海に潜ると人はオープンマインドになるようです。

で!海の中できれいな珊瑚をみながら魚と戯れていたとき・・・いきなりウミガメ登場!

一通りたわむれて颯爽と海の彼方に帰っていきました・・。

なぜ浦島太郎はおじいさんになったのか?

おそらくあなたも小さい頃に耳にした浦島太郎。

物語の中で、浦島太郎は助けた亀と竜宮城に行きますが、お土産にもらった玉手箱をあけたらおじいさんになります。

こうした昔話は論理破綻してることが多く、なんで?となることも多いのですが、笑 でも浦島太郎といえばウミガメ。ウミガメといえば浦島太郎です。

が、、、そもそもなぜ浦島太郎はおじいさんになったのか?これには諸説あります。

都市伝説的なものからぶっとんだ解釈をする人までいますが、僕の解釈はこうです。

浦島太郎は、ストーリーを通して「時間の概念」を伝えたいのではないか?

たとえば、好きな人と過ごすデートの時間は一瞬に感じます。

大切な家族や友人と行く旅行も、気づけばあっと言う間に終わります。

つまり、楽しい気分や嬉しい気持ちで過ごす時間は、とても早く感じます。

でもおもしろくない映画を見たり、ストレスを感じる場所にいると、とても時間は長く感じます。

不思議ですよねー、同じ5分でも環境がちがったら体感する時間はまったく違うのです。

竜宮城では何が行われていたのか?

このブログは老若男女とわず色んな方が見ているので、あまりどぎついことは言えないですが、相当にハレンチなことが行われていたのではないでしょうか?笑

そして、浦島太郎は
島太郎になってしまったーー。

裏の世界を知ってしまった島太郎は、この世のモノとは思えないほどの酒池肉林の世界、贅沢の極みを味わったことで、体感時間は1年だったものの実際は80年も経過したのではないか?

そんな仮説もあるのではないかとおもうのです。

そう考えると、ウミガメとは神の使いで、我々愚かな人間に「時間の概念」を教えてくれた伝道師ではないか?

限りなく透明に近いブルーの宮古島の海に潜りながら、古来から伝承される日本昔話を思い出した僕は、時間こそ有限で、どれだけお金を持っていても時間は買うことができない、とても価値があるものということを再認識しました。

どう解釈するか?で人生の質が決まる

長い人生、生きていたら色んなことがあります。

楽しいことも辛いこともある、それが人生でして、たとえば僕なんか起業しようと思ってしたわけではないですし、そもそもそんなつもりはなかったです。

でも20代で会社が2回も倒産する経験を経て、たまたまそのときにブログを書いていて、その流れでなんとなく独立して、今にいたります。

当時はけっこうへこんだり焦ったりもありましたが、今考えたらラッキーだったなとおもうんですね。

ようは、

物事の良し悪しは自分がどう解釈するか?で決まる

ということです。

コップに半分しか水がないと思うか、まだ半分も残ってると思うか、という話もありますが、これもどう解釈するか?です。

つまり、今どれだけ辛いと感じていても、解釈をかえたら考え方も変わり、考え方が変わるから結果も変わります。

そして、浦島太郎とウミガメが教えてくれたように、辛い辛いと思っていたら時間はとても長く感じるので、ちょっとでもプラスの解釈をすること。

すると体感時間が短くなることは、浦島太郎が身を持って教えてくれています。

まさか1年が80年になるという、ドラゴンボールに出てくる「精神と時の部屋」もびっくりの異次元ワープはありえないとしても、現代を生きる僕たちも学ぶべきことは多いとおもいます。

こうした多くの童話は、ストーリーを通じてなにかのメッセージを伝えるという役割があります。

僕は常々、今みたいに情報が多い時代は「ストーリー」で差別化しようとお伝えしていますが、浦島太郎伝説からもたくさんのことを学べるとおもいます。

そして!ぜひ限りなく透明に近いブルーを体感しに宮古島へ。沖縄本島にはない魅力がたくさんあるのでオススメです!

ーオンライン講座に毎月5,000人の集客に成功しているWEBマーケティングを学ぶー


メールアドレス必須
>森公平 公式メルマガ

森公平 公式メルマガ

オンライン講座に毎月5,000人の集客に成功しているWEBマーケティングを学ぶ

CTR IMG