売上をあげる本質【経営者マインド】

グロッジの森です、

今日は売上をあげる本質について。具体的な儲けの話です。

僕は上っ面の小手先テクニックはまったくいらない派です。

売上をあげる本質

なんとかマーケティングとかなんとか集客法とかそうゆうのに振り回される人が後を絶ちませんが、大事なことは本質です。

売上をあげる本質ですね。そもそも集客で悩む人は多いですが、YouTubeがいいとかSNSがいいとかブログがいいとか、そーゆーのは半分正解で、半分間違いです。

集めたアクセスをどうやって売上にかえていくのか?

ここです。この事業設計がちゃんとありますか?

集客を考える前にまずこっちです。

じゃないと、ずっと売上は低迷したままです。

ある程度できる人はビジネスを始めても食べていけるようになります。そうですね、個人のビジネスなら年商で1,000万~3,000万くらいですね。

少しの営業力や、SNSのキャラクター設定でこれくらいはいくんです。でも、その先です。多くの方がこのあたりで壁にあたって伸び悩みます。

なぜなら、ゼロから立ち上げて年商1~3,000万までと、その先の5,000万や1億は、まったくやり方が違うからです。考え方も違いますし、根本からビジネス設計を見直す必要があります。

それが何なのか?

結論、

1,優れた商品設計

そして、

2,その商品の成約率

です。

この2つが超重要です。

感情論を抜きにして数字で判断する

具体的には30~50万円の目玉商品の開発です。「すでにあります」という方もいると思います。

が、それが果たして、本当に魅力的なものなのか?答えは通知表にあります。

大人の通知表は法人の方なら決算書、個人の方なら確定申告です。笑

どれだけ利益を残せてますか?売上じゃないですよ、大切なものは利益です。

その商品に興味ある人が毎日集まっていますか?あなたが目標とする売上を達成できるために必要な集客数はどれくらいですか?

その集客数、年間で何人か?月間で何人か?明確にありますか?

見るべき指標はもっと他にもあります。感情論で語るのではなく、大事なことは数字です。

適当にやってて気がついたらゴールに到達してることはありません。

しっかりと準備をして、その時々で振り返り、目標の売上に対して集客数が足りないのか?

集客はできてるけど成約が伸びてないのか?成約もある程度あるけど商品単価がズレてるのか?なにかしら壁になってるポイントがあるはずです。

その壁を超えていきましょう。優れた商品を開発して、それを販売して喜んで頂く。その仕組を作らない限り売上は伸びていきません。

むしろ仕組みがないままだと売上は少し伸びてもいつまでも働き続けることになります。年1,000~3,000万くらいの方が実は一番、大変なんですね。

やることいっぱいです。なので、頭打ちするのですが、その壁を超えるには、仕組み化です。特に集客の仕組み化ですね。

毎日、起きたら見込みが集まってる状態。これを作ってほしいと思います。そのためには広告です。その広告が赤字にならないポイントを明確にしましょう。そのためには成約率です。

すぐれたセールスで、広告に対して何%くらいのリターンがあるか明確にしましょう。

 

ーオンライン講座に毎月5,000人の集客に成功しているWEBマーケティングを学ぶー


メールアドレス必須
>森公平 公式メルマガ

森公平 公式メルマガ

オンライン講座に毎月5,000人の集客に成功しているWEBマーケティングを学ぶ

CTR IMG