起業で失敗する理由とビジネスアイデアの見つけ方

グロッジの森です、今日は経営について。

会社は何のために存在するか?それはお客さんのためです。お客さんに商品を買ってもらい、利益が出てはじめて会社が成り立ちます。

もちろん株式会社である以上、会社は株主のものであるのは基本ですが、その株主が出資したお金を運用し、還元していくためには顧客がいないと話になりません。

でも、、、この当たり前のことを考えていない起業家は多いです。

実際、企業が倒産する理由の多くは「販売不振」です。


出典:幻冬舎GOLDONLINE

年間8,000社が倒産する理由、販売不振。でも、ちゃんとマーケティングを学んで実践していると、こうゆうことにはならないです。

なぜなら、マーケティングとは売上をあげるための流れを作ることであり、その流れがとまったら当然、こうして朽ち果てます。

販売不振になる起業家の特徴

物事には本質があり、その本質がみえたらドドドッと一気にことが進みます。

これを僕は「センターピン理論」と呼んでますが、ボーリングのセンターピンをいい角度で倒したらきれいにストライクがとれるように、ビジネスでもセンターピンがあります。

でも、販売不振になる起業家は、このセンターピンが見えていないです。

たとえば、商品に妙にこだわってみたり。治療とか美容とかであれば妙に技術にこだわったり、、

今の時代、ただ品質がいいだけでは売れないです。ましてや技術がいい、腕があるだけでも当然売れない。

商品がいいのは当たり前、腕がいいのは当たり前。大前提です。

そのうえで、どうマーケティングを仕掛けるか?です。

もっときついのは、自分の好みをお客さんに押し通すとか、、これはもう絶対にうまくいかないです。

ビジネスの本質

つまるところビジネスとは悩み解決であり、人の悩みを解消するとお金をいただける。

商売はシンプルにこの法則だけです。つまり、

世の中の人達が抱えている「不」にこそお金の源泉

がある。

まずはこれがなにか?を具体的にリサーチすること。

この時によくあるのが、たとえば「人間関係の悩みを解決したい」みたいなケース。

これは半分正解ですが、ちょっとざっくりし過ぎなので、もっと深堀りした方がいいです。

人間関係の悩み、たしかにみんな不安ですが、それが「夫婦間の悩み」なのか「転職の悩み」なのかでまったく変わります。

というより、人間関係の悩みはすべてに共通して言えるので、もはや考えるまでもなく、抽象的すぎるのでこれじゃ売れません。

金になる木=お客さんからのクレーム

では、どこで商売のネタをさがすのか?

人の「不」はどこでリサーチできるのか?

いろいろと見つけ方はありますが、人の悩みは人に聞くのが正解です。つまりクレームです。

クレームがあることを過剰に恐れる人も多いですが、このクレームにこそヒントがあります。

クレームを言うということは不を感じているからで、その負を満たすことができたら、少なくともその人は興味を持ってくれるはず。

つまりクレームとは、ビジネスがうまくためのヒントとも言えます。

ビジネスアイデアが浮かばないと悩む方もいますが、実は身近な人の声を聞くのが一番の近道なのです。

なので、いちいちクレームを言われて凹んでる場合ではなく、むしろラッキー、ありがとうございますとお礼を言ったほうがいいです。

経営の本質

企業とは株主のものですが、株主もお客さんが商品を買ってくれて初めて利益を得られます。

マーケティングとは、そのお客さんを見つけて、プレゼンして、買ってもらって利益をあげるための流れを作ること。

経営とは、その流れをコントロールして、投下した資金を利益にかえて、分配すること。

そのためにもっとも大事なことはお客さんの声であり、この声の中には嬉しい声もそうでない声もあります。

でもそうでない声、つまりクレームに耳を傾けること。

好きの反対は無関心、という有名な言葉もありますが、クレーム=愛があるということです。

その声をしっかり反映させ、さらに新しいお客さんにアップデートした商品を買ってもらうこと。

これが経営の基本的な考え方だとおもいます。

つまり、結論として、経営とはマーケティング活動そのものであり、マーケティングとはお客さんの創造であるので、社長の仕事はマーケティングであるということです。

マーケティングを学ばずに起業するのは、武器を持たず手ぶらで戦場に行くようなもの。

起業家はこの事実を受け止め、今日もマーケティング活動を学び続けましょう。

ーオンライン講座に毎月5,000人の集客に成功しているWEBマーケティングを学ぶー


メールアドレス必須
>森公平 公式メルマガ

森公平 公式メルマガ

オンライン講座に毎月5,000人の集客に成功しているWEBマーケティングを学ぶ

CTR IMG